腰痛・ぎっくり腰

このようなお悩みはありませんか?

  • 前かがみになるのが辛い
  • 立ちっぱなしが辛い
  • 痛みで上半身を反らせない
  • 重いものを持つと腰に痛みが走る
  • 咳やくしゃみで腰が痛む
  • 体を動かし始めると痛み始める

腰痛・ぎっくり腰について

腰痛はぎっくり腰やヘルニア、坐骨神経痛など、急性から慢性まで症状はさまざまです。腰まわりの筋肉の硬直を放置していると、マッサージで表面に刺激を加えてもなかなか改善しません。むしろ、筋肉の緊張が骨格に悪影響を及ぼし、歪みを生じさせる原因にもなります。施術では手技や専用の装置を用いながら腰の筋肉をほぐし、本来のスムーズな動きへの改善をめざします。

腰痛の原因

腰痛の原因は、その多くが骨格の歪みや筋力不足などが関係しています。
腰痛が重症化すると背骨の神経が圧迫されてしまい、椎間板ヘルニアや脊柱菅狭窄症のリスクが高まり、最終的に手術が必要になるケースもあります。猫背や足組み、デスクワーク中心で同じ姿勢を長時間続ける、椅子の高さが体に合っていないなどは、骨格の歪みにつながるため注意しましょう。
また、背筋やインナーマッスルなどの筋力不足も、腰痛につながります。当院では専用の機器を使用し、体に負担をかけることなく筋肉に刺激を与えることができ、筋力アップが期待できます。慢性腰痛のように症状が3か月以上続いている場合、症状の改善には時間が必要です。わずかな体の異変を放置せず、原因に合わせた適切な施術を受けるように心がけましょう。

腰痛の種類

慢性腰痛

腰痛が3か月以上続いている場合は、「慢性腰痛」と診断します。年齢や性別を問わず症状に悩む患者様が多く、その原因もさまざまです。なかには、内臓や脊椎に関連する重大な病気が隠れているケースもあります。施術では腰の痛みや圧迫感など、患者様のお悩みをしっかりとヒアリングし、原因の根本的な改善と腰痛の再発防止をめざしております。

急性腰痛(ぎっくり腰)

急性腰痛とは、一般的に「ぎっくり腰」のような突発的な腰痛が起きている状態です。何らかの原因で腰椎の椎間板や関節、筋肉や靭帯などがダメージを受け、強い痛みが生じるといわれております。ほとんどの場合は、時間の経過とともに症状が改善します。しかし、急性腰痛を繰り返して椎間板ヘルニアを引き起こしたり、慢性腰痛に悪化したりするリスクもありますので、早期のうちに施術を通じて対処しましょう。

当院の腰痛・ぎっくり腰施術

EMSを使った腰痛改善

EMSを使った腰痛改善

つらい腰痛や急なぎっくり腰の改善方法として、当院ではEMSを用いた施術をおすすめしております。EMSとは、電気の刺激を筋肉に与えて、体に負担をかけてケガをすることなく筋力トレーニングができる専用の機器です。

EMSなら、体の深部にあるインナーマッスルも十分に鍛えることができます。筋肉により骨格が支えられるので姿勢が良くなり、腰痛の改善へとつながります。
無理に体を動かさずに筋力アップが可能になり、腰痛の改善はもちろん、運動が苦手だけど筋肉をつけたい方やご高齢の方のご利用も可能です。

施術の料金について

施術料金は料金ページに詳細を記載しております。
症状や施術箇所によっては、料金の変動もありますので、あらかじめご了承ください。
また、施術や料金に関するご相談やご不明点がある場合は、当院までお気軽にお問い合わせください。

アクセス

ページトップへ