交通事故治療

このようなお悩みはありませんか?

  • 病院で湿布と痛み止めをもらっているが改善しない
  • 事故後、手足にしびれが残り握力が弱くなった
  • レントゲンでは異常がないといわれたのに首が重い
  • 交通事故のケガを後遺症にしたくない
  • 痛みが我慢できないほどつらい・・・

交通事故治療について

交通事故治療の症状として最も多い症状はむちうち損傷です。重度から軽度のものまでありますが、絶対に自分で判断して甘くみないで欲しいです。
交通事故の後というのは、ケガをしていたとしても、気持ちが動転していたりするとすぐに症状や痛みが出ないということは実はよくあることなのです。直後だけでなく後になって痛みが出てくる事、強くなる事は非常に多いのです。
すてっぷ接骨院では整形外科での勤務経験もある院長自らが治療はもちろん保険会社様とのやり取りも専門的にサポートいたします!

まずは阿見町すてっぷ接骨院にご相談ください!

むち打ち症について

むち打ち症は、自動車が衝突した際の反動で首が鞭のようにしなり、頚椎の神経を圧迫して全身のさまざまな不調を引き起こす恐れがあります。
事故直後は異変がなくても、衝撃により体は大きなダメージを受けています。時間の経過とともに痛みや不調が現れるケースも多く、事故との関連性がわからずに放置してしまう方もおり、特に注意が必要です。
交通事故の直後はケガの有無にかかわらず、できるだけ早く医師による適切な診断を受けましょう。

むち打ち症の種類

頸椎捻挫型

むち打ち症の約7~8割は、頚椎の捻挫だといわれております。首や肩まわり、後頭部などに痛みが生じるといわれております。

神経根型

頚椎の神経根が圧迫され、痛みが生じている状態です。頸部の痛み・脱力感・しびれ・知覚障害・神経障害などの症状が現れます。

バレー・リュー型

事故の衝撃により、自律神経系が損傷を受けている状態です。活動に作用する交感神経の障害により、目のかすみ・視力低下・耳鳴り・吐き気・めまい・息苦しさを感じるときがあります。

頸椎症状型

頚椎の損傷が原因で、足のしびれによる歩行障害や知覚障害などが起きている状態です。後遺症になりやすいため、早期の治療が必要です。

脳脊髄液減少型

ごく稀に、事故の衝撃で脳と脊髄を包む脳脊髄液が漏れ出す可能性があります。異常発汗や動悸などの自律神経系の症状・吐き気・耳鳴り・難聴・味覚障害などのさまざまな症状が考えられます。

交通事故治療の流れ

  1. Step01警察に連絡します

    交通事故後は第一に生命の安否を確認し、緊急性を要する場合は救急、そうでない場合は警察へ連絡しましょう。ケガを負っている場合は、警察に「人身扱い」の届け出が必要です。事故の大きさやケガの有無にかかわらず、事故後はできるだけ早く病院を受診し、医師の診断を受けましょう。

  2. Step02情報を必ず控えましょう

    交通事故直後は相手方の氏名や住所、車の車種やナンバー、自賠責保険の証明書などの情報を控えるようにしてください。また、業務中の場合は雇用主にも賠償責任が生じるケースがあるため、勤務先の名前や住所、電話番号なども可能であれば残しておきましょう。警察に連絡をした場合は警察が情報を控えるため、相手方の氏名や住所、加入中の保険会社の名前を把握しておけば安心です。

  3. Step03病院で診察を受けます

    交通事故後は時間が経過してから、痛みや不調が現れるケースがあります。体に後遺症を残さないためにも、すぐに病院で医師の診断を受けましょう。また、交通事故治療のご利用には、医師による「診断書」が必要です。症状と交通事故との因果関係を証明するために欠かせませんので、必ず医療機関を受診してください。

  4. Step04保険会社に連絡します

    診断書を受け取りましたら、保険会社に連絡しましょう。その際、交通事故に遭った事実やケガの程度に加えて、「すてっぷ接骨院で交通事故治療を受けたい」という旨をお伝えください。その後、保険会社から当院に連絡があり、自賠責保険を適用した交通事故治療が開始となります。

  5. Step05当院での施術が開始します

    徒手療法・電気療法・温熱療法・テーピング・骨盤矯正など、患者様の症状や不調の原因に合わせた施術プランをご提案し、治療を行います。また、ご自宅や日常生活で簡単にできる体のケア方法についてもアドバイスし、できるだけ早く元通りの生活を取り戻せるようにサポートいたします。

自賠責保険について

自賠責保険とは

自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)とは、自動車・バイクの所有や運転する者に対して加入が強制されている保険です。人身事故が起きても、自賠責保険から被害者への最低限の補償が行われます。交通事故による加害者の負担を補償し、被害者の救済を目的にしています。そのため、自賠責保険に無加入の場合は、自動車・バイクの運転が法律により禁止されています。

自賠責保険で補償される内容

自賠責保険からは限度額120万円の範囲内で、治療にかかる費用や休業損害、慰謝料などが支払われます。万が一、後遺症(後遺障害)が認定された場合は、後遺障害慰謝料や逸失利益が追加で補償されます。

対象になる費用

治療費や慰謝料、通院にかかる交通費、労働者の場合は休業補償など、自賠責保険の補償範囲は多岐にわたります。電車やバスなどの公共交通機関を用いて通院する場合は、領収書などを必ず発行して保管し、求められた際に提出できるように備えましょう。

病院との併用について

交通事故治療の場合は、当院と病院の併用が可能です。ただし、交通事故治療のご利用は、病院で医師による診断書の発行が必要です。治療時は医師の診断書に基づき、柔道整復師という国家資格を有するスタッフが施術を行いますので、どうぞ安心してご利用ください。

施術の料金について

交通事故の施術は0円です!

自賠責保険の適用となり、保険会社が施術にかかる費用を負担してくれるので基本的には患者様の窓口でのご負担は0円です。 (一部の例外を除きます。)

アクセス

ページトップへ